2009年08月21日

包茎手術

包茎手術と聞くと、ちょっと怖いイメージがありますね。


男性の大切な部分ですので、
自分の大切なところが手術を受けることでどうなるのかは、
とても不安なことでしょう。


包茎といっても、仮性包茎真性包茎カントン包茎とに分けられます。


仮性包茎の場合は、
必要な時には皮をむくことができますので、
特に手術を受ける必要性はありません。


真性包茎の場合は、
ひどい状態で気になる場合は手術を受けることを選択するといいでしょう。


カントン包茎の場合は、
亀頭を圧迫し、亀頭が壊死を起こしてしまう可能性がありますので、
できれば手術を受けることを検討するといいでしょう。


しかし、包茎手術を受けるにあたって包茎手術は痛いのだろうかや
手術の傷は残ってしまうのだろうかなどの不安はいろいろありますね。


今では、インターネット上で、
包茎手術を行っている病院のホームページから
包茎手術についての情報を得ることができますし、
メールなどで相談することもできますので、
手術を希望している場合や検討している場合はチェックしてみるといいでしょう。


また、専門家に相談することで、
本当に包茎手術を受けることが必要なのか、
早急に手術を受けなければならない状況なのかなども知ることができます。


包茎手術を検討しているのであれば、
チェックしてみましょう。
posted by 包茎治療 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。